最近では簡単にキャッシングができるようになり、そのせいかキャッシング返済ができなくなっている傾向があるようです。例え簡単に借りられたとしても、これは借りたお金だという事実をしっかり認識しましょう。当然のことですが、収入より多くなるほどの出費を控え、お金の出入りをしっかりと考えて、いくらキャッシングをすればいくら返済になるのかを考える必要があります。キャッシング返済は、借り入れた時に返済日を決めることができます。決め方は各社によって異なり、決まった日付の中から自由に選択できるところと、指定してくるところがあります。基本的にはカードキャッシング返済は毎月1回です。けれど、月に1回きりと決まっているわけではなく、2度3度と返済しても構いません。支払日以外の日でも返済は可能です。返済額を少なく済ませたいならば、できるだけ早く返すことで利息を減らすのも賢いやり方です。ただし、気を付けなければいけないのは、キャッシング返済日から2週間以上前に返済した場合、その月の返済日にも返済しなければならないことです。月に定めた返済日が30日ならば、1日~15日に返済をしたら30日にも返済しなければいけないのです。もし、16~29日に返済を済ませた場合は30日の返済は生じません。急いで返したいがあまり、逆に返済できなくならないよう気をつけましょう。

カードキャッシング返済できない場合の対処法

キャッシングしている時、急な出費などで、月々の返済ができなくなることもあります。これは借りている期間が長ければ長いほど起こりやすいトラブルといえます。もし、手元に全くお金がない場合、まっさきに思いつく返済手段は、他のキャッシング会社からお金を借りて返済をすることではないでしょうか。けれど別々のキャッシング会社を利用すると個別の元本毎に利息がつきますので、毎月の返済額が更に苦しくなります。そして、一度カードを作ると以後の借り入れがしやすくなるので、ローン金額が膨らむ可能性もあります。こういった場合は、キャッシング会社に事情を話すことでその月の返済額を調整してもらえる場合もあるようです。これは根本的な返済にはなっていませんが、急をしのぐためにその月の返済日は利息だけを支払うという方法もあります。カードキャッシングの返済が間に合わずに放っておくと、そのうち催促の電話がかかってきます。通常は担当者の名前でかかってくるので家や会社に即座にバレることはないはずです。しかし、キャッシングには情報を共有し返済記録を残すための信用情報機関があります。ここに「事故情報」として「延滞」と登録されると5年間も保有されるのです。「延滞」記録がついた人は、ローンやクレジットカード、消費者金融の審査がうまくいかなくなるケースがあります。借りる時も返す時も、手順そのものは簡単ですが、借りる時より返す時の方が足が重くなるという人が多いようです。まずは無事に返済を済ませることを考えましょう。