キャッシング会社には色々ありますが、銀行が母体となって運営されているものを一般に銀行系キャッシングと呼びます。そのため信用力が高く、また金 利もそう高くないため、キャッシングが初めてで警戒心がある人でも銀行系キャッシングなら安心して利用できます。少し前まで、銀行は個人向けのキャッシン グサービスは行っていませんでした。しかし、銀行側もキャッシングサービスを個人向けに行うことで収入となりますので、キャッシングサービス市場へ参入し てきたのです。つまり、銀行系という信用力で消費者を取り込もうと考えています。しかし、個人向けキャッシングのノウハウを持たないため、キャッシング事 業のために単独で会社を作りませんでした。そのため、銀行はキャッシング事業を行うということで消費者金融の専業会社と提携をしてそのノウハウを取り入れ ました。一般的には、銀行系キャッシングから融資を受けた場合、年間20%弱の年利がつきます。これは、消費者金融の中では低金利の部類に入ります。その 理由は、申し込みから実際の貸し出しまで約1ケ月かかることもあるなど時間がかかるためです。このように、銀行系キャッシングの利用はお手軽とは言えませ んが、融資を長期に受けたい時に向いています。返済は口座からの引き落としで、金利は月割りで定められた額をその都度引く形となっています。

銀行系キャッシングの審査内容は?

通 常、キャッシング会社から融資を受けるためには、会社が求める一定の審査をクリアする必要があります。審査によって、融資希望者の返済能力を計ります。し かし、銀行系キャッシングは審査に時間がかかりすぎるのが弱点です。しかし現在では、短時間の審査を売りにした商品も販売され、商品によっては短時間で結 果が出ます。このように、スピーディな審査結果など、銀行系キャッシングもそれなりに努力をしています。審査のチェックポイントは年齢や性別、会社の勤続 年数、居住年数などです。もちろん、持ち家の有無や、配偶者や子どもの有無なども重要です。どのくらいの勤続年数が必要かと言うと、目安としては2年以上 くらいの勤続年数が必要です。また、キャッシング会社が調べるのは安定収入があるかどうかで、雇用形態や勤続年数を調べるのは安定性があるかどうかの チェックです。つまり単純に年収が多いかどうかより、月収が安定しているかどうかが審査対象になっているのです。その他に、今まで消費者金融を使っていた ことがあるか、その返済は滞っていないかも審査項目となります。これらの返済や公共料金の支払いが滞った前歴があったり、複数のキャッシング会社から融資 を受けている人は銀行系キャッシングの審査が非常に通りにくくなるので注意しましょう。