銀行の審査が通らない!そんな時に効果を発揮する方法

 

実際に銀行で審査を受ける際には、当然、銀行の担当窓口の方とお話をすることになります。

 

その担当者と色々な調整を行い、書面に記入し、何かしらのローン審査を通そうとするかと思います。

 

だけど通らなかった!

 

せっかく時間をかけて審査のやり取りをしたのに。。

 

そんな場合、通らない理由が分かればよいのですが、ご存知の通り、このような借入れの審査は「ローンが通らなかった場合の理由」を教えてもらうことはできません。

 

そんな時、ちょっとした裏技が大きな効果を発揮します。

 

今回は、その裏技について書きます。

 

インターネットでの審査借入れとは違って、
銀行での借入れはフェイス・トゥ・フェイス担当の方との面会形式で行われます。
担当の方はその時に「この人に本当にお金を貸してもいいものだろうか。」
「この人はきちんとお金を返してくれる人なのだろうか。」ということを見ています。

 

もちろんその際に堂々と面接をして堂々と返済プランの話をすれば、
そして、担当の人に気に入ってもらうことができれば、審査に通る確率は上がります。
でも初めて銀行で借入れをする時はとても緊張するものです。

 

そんなあなたのためにちょっとした裏技を紹介しましょう。
とても簡単ですが、これをやるかやらないかであなたの銀行窓口での対応が変わってくるはずです。

 

これは、あなたがまだお付き合いをしていない銀行で活用する方が良い情報です。

 

 

それが何かというと、答えは簡単。

 

 

 

別の支店で練習をしてから、本番に臨むのです。

 

 

銀行の審査が通らない場合どういうことかというと、例えばあなたが〇〇銀行渋谷支店から借入れをしたいと考えた場合、別の支店例えば、00銀行五反田支店に一度相談に行くのです。

 

 

この練習の時にはできるだけナチュラルスタイルで相談に行くのが良いでしょう。
そしてあなたがどういう使い道でお金を借りたいのか。
そしてそのためにはどういう制度があるのか。
またどういう手続きで借入れをすればよいのか。
そういったことを担当の方から聞いてみましょう。

 

多くの場合、親切に教えてくれます。

 

ここであなたの情報はそれほど多く開示する必要はありません。
もし免許証や何か身分証の提出をお願いされた場合には、
今日は持ってきていないと言って断りましょう。

 

ここで免許証や身分証などの提出をしてしまえば、その支店にあなたの名前と情報が登録されます。

 

それ以前であれば、ただの相談者ということで基本的に銀行に細かい情報が残ることはありません。

 

この面談によって得られた情報やどういう時にという質問がされるか、
そういうことを経験することであなたは本番の面接で少し余裕をもって接することができます。

 

そういった余裕は相手に安心感を与え、
より信頼を勝ち取ることが出来るでしょう。

 

ただしここで一つ注意していただきたいことがあります。
それは、「知りすぎない。」「知らないはずのことを言わない」ということです。

 

 

具体的にどういうことかというと、

 

 

本番の面接においてあなたとあなたの担当者は、初対面のはずです。
そしてあなたも初めて借入れをしにきたお客様のはずです。

 

本当であれば、あなたは借入れのことについてあまり知らないはずなのです。

 

それなのに、「審査にはこういう書類が必要ですよね」ということや、「審査には何日間かかりますよね」という事を、あなたの側から担当者に話したとしたら、少し疑問に思われてしまいます。そんなことがないよう、すでに一度他の支店で聞いてきた話しも初めて聞くようなテンションで聞くことが大切です。

 

このようにすればあなた自身も安心して面接に臨むことができ、
そしてその安心感が窓口担当者にも伝わりスムーズな審査に繋がるはずです。

 

それでも審査が通らなかった場合は⇒キャッシング審査ならココ