キャッシングを検討している女性へ|ココは押さえよう!

 

キャッシングを検討している女性に向けて書いています。特に押さえておきたいポイントなどをまとめていますので、参考にされて下さい。
まず、キャッシングを検討している女性に理解してほしい事なのですが、専業主婦でもバイトをしている女子でも、借りることは簡単です。改正賃金業法により、個人が借りられるお金の総額が決められましたが、年収の3分の1程度ならすぐに借りることができるのです。※その金額だと少ないという女性、もっと借りたいという女性はコチラをご参考下さい。

 

女性がお金を借りる時にはどうしたらいい?

 

こちらでは以下のケースに沿って説明したいと思います。

 

育児休暇中で収入が激減!その間に生活費としてお金を借りたい時は?

育児休暇中は、子どもが1才になるまで、健康保険から育児休業手当てが支給されます。おおよそ給料の30パーセントほどですが、それでも生活費としては足りないかと思います。家族や友人から借りるとしても、ある程度の金額になるかと思うので、そこで公的機関か消費者金融での借入れを検討するかと思います。理想は公的機関ではありますが、公的機関は以下の条件が揃っていないと審査には通りにくくなっています。

 

・育児休業を取得している方または、介護休業を取得している方
・県内に居住または勤務し、同一勤務先に1年以上(3ヶ月以上というところもある)勤務されている方

 

そして機関によっても異なりますが、以下の条件も必要になる場合があります。

 

・住民税を滞納していない人
・用途が生活の安定のためであって、返済能力がある人
・家族等を介護するために1ヵ月以上の介護休業を取得する方
・介護または育児のために勤務時間の短縮制度を利用する方
・保証機関の保証を受けられる方

 

これ以外にも様々な条件があります。どうしても公的機関で借りたい場合は相談してみても良いかもしれません。
ですが、上記の条件に当てはまっていなかったり、相談窓口まで行くのが面倒な女性は消費者金融での利用がおすすめです。

 

 

とにかくすぐにキャッシングを利用しないといけない女性は?

用途は様々ですが、とにかくすぐに借りたい、借りないといけない女性も多いと思います。そういった女性にオススメなのが、期間限定で無利息で借りられるローン会社です。例えば、3万円を借りて、そのお金を1ヶ月以内で返せるという人なら、以下の計算になります。
どちらも3万円の金利は、18%ほどなので、1日に借りて31日に返した場合の利息は、443円となります。

 

30000×0.18÷365×30=443円