お金を借りる方法を詳しく解説|安い金利で借入れを!

 

お金を借りる方法については、一般的に以下のように分かれます。

 

・家族や友人から借りる
・銀行から借りる
・国から借りる
・消費者金融から借りる
・銀行系カードローンから借りる

 

この中でも、比較的多いのは、銀行・銀行系カードローン・消費者金融となります。
家族から借りる人もいらっしゃるかと思いますが、その家族や友人に経済的に余裕がないといけないため、今の世の中なかなかそのような家庭、友人は少ないはずです。国から借りるにしても、事業を行っていたり、社会的信用、そしてしっかりとした返済計画が組まれていないといけないため借りるための敷居が高いです。そうなると、自動的に銀行・銀行系カードローン、消費者金融となります。

 

どちらにしても、借りる人の一番の要望としては、

 

安い金利で借りたい

 

というところだと思います。

 

そこからお金を借りる方法としてのベストな選択は、家族や友人などから借りて、できるだけ無金利で借りたいというところかと思います。ですが先述の通り、家族や友人が経済的に余裕をもっていない限り、なかなか難しい事だと思います。

 

そうなると、それ以外の金融機関で借りるというのが主になるかと思いますが、初めての人は「借りる」という事に抵抗があって、踏み出せないかと思います。ですが、現在では法律が改正されているので、以前よりもずっと安い金利で金融機関から借りることができます。
安い金利であれば、そこまで負担がかかる事なく利用ができます。

 

お金を借りる方法|安い金利の金融機関は?

 

安い金利の金融機関とゆうと、国の金融機関だったり、大手の金融機関だったりしますが、国の金融機関は先ほどでも書いたとおり敷居が高いため、比較的大手の金融機関を紹介します。

 

●プロミス

 

●アコム

 

●モビット

 

これらは消費者金融の機関ですが、それぞれ金利が高いと思われがちです。ですが、平成18年(2006年)に賃金業法が法改正された事によって、一般の消費者がより利用しやすくなりました。つまり、低金利になったという事ですね。それだけではありません。

 

@総量規制-借りすぎ・貸し過ぎの防止

 

A上限金利の引き下げ

 

B賃金業者に対する規制の強化

 

この3つが見直しされました。この3つのポイントを端的にまとめて言うと、

 

お金を借りるという事のハードルをより引き下げた

 

のです。

 

@は、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れができなくなりますし、借入れの際に、基本的に「年収を証明する書類」が必要となります。

 

Aは、法律の上限金利が、29.2%から、借入れ金額に応じて 15〜20%に引き下げられました。

 

Bは、国家資格のあるもの(賃金業務取扱責任者)を営業所に置くことが必要になります。

 

消費者金融、それぞれの特徴はコチラから キャッシング審査で即日融資